タグ:他猫ちゃん ( 3 ) タグの人気記事

二年越し?

今朝の事…

介護仲間でネコ飼いの先輩でもあるygraciaさんの夢を見た。

ygraciaさんが私に問う

ねえ、こぶたっち。ツキネコってなに?

私が「札幌初の試みの猫の保護活動をしながらのカフェなの」と
言い終わると同時に「こぶたっち、絶対に今日行かなきゃダメよ!」と力強く言われた。


と…

そこで目が覚めたのだ。


そんな夢を見たからには、行かなきゃダメでしょ!


と言うことで、行って来ましたよ〜

ツキネコで手の平に乗っちゃう子猫ちゃんを堪能致しました。
我が家のベルさんもこんな時があったわwと遠い目をしたり。

場所を変えて

ニャイダーハウスでは
念願のあずきな爺ちゃんとのご対面
f0037135_21581261.jpg

オムツ猫になっちゃったけど存在感のあるお姿でした。
もっと早く会いに行けば良かったな〜と後悔。
でも、あの頃はまだ父の介護の真っ最中だった。
本当はね。里親候補に手を挙げたかった猫ちゃんだったんだよ。
ベルの肺の病気を理由に夫に反対されなかったら、うちの子になって欲しかったんだけどね。

それに愛嬌タップリ?なポコちゃんは、
f0037135_2282274.jpg

里親さんが決まったそうです。

妖怪チックなんて言われてたスコもどきのクリアも…
f0037135_22102760.jpg

みんな、みんなぁ〜!
また、会いに行くよ〜〜

良い夢見て良かった日でした。
夢にご出演されたygraciaさんにも感謝です♪

で…(つづく)←クリック
[PR]

by kobuta-kimoti | 2012-08-24 22:30 |

トムさん

トムさんが…
10歳の誕生日を待たずに虹の橋を渡った。


トムさんとの出会い。(もちろんネット上だけどね)
遡る事7年前。

私は父の介護が始まって一年ほど経っていた。
父の病気の情報が欲しくてサイトを立ち上げた。
HNは「こぶた」
好きだった本『コブタの気持ちもわかってよ』をぱくって「こぶたのきもち』とした。
それが2005年3月のこと。

その年の5月にベルさんが家族となった。

以前より猫ブログは読みあさっていたのだが、なお一層のめり込んで行く。
そんな時にとてつもなく有名な猫ブログに辿り着く。
ねこのきもちである。

ええっ??

私ぱくっちゃった?と、動揺したが…
あちらは2005年6月スタートだったので、小心者の私は胸を撫で下ろした。
そのブログから辿り着いたのが『トムさんのきもち』だった。

アメリカンカールのかわいい猫さんだった。

トムさんのお父さんのトムさんに対する愛情が溢れるブログに見入っていた。
見ているばかりだったのだが何時しかコメントしたりもした。
その後、mixiでトムさんを見つけ足跡を付けたことで、トムさんのお父さんがマイミク申請してくれた。
7年近くも毎日の様にブログに訪問して、トムさんの画像を眺めて来た。(撫でたことも無いのに抱っこした気分になってる私が居た)

17日の日も母の病院に付き添う前に制止画ライブ?を覗いてから出掛けた。
帰宅して夕飯の用意を終え、ベルのご飯を用意するのに二階に上がった時にも
とっても気になってPCを開いた。
そこに写ったトムさんは昼間に見た位置とは違いカメラの方に近い場所に居た。
被写体が動くと30秒毎に更新される様に設定されている画像は、トムさんの足が動いていることを知らせて更新し続けていた。
時間がPM6:07になった時に、母の夕飯を用意しなくちゃとPCを閉じて階下に下りた。
その後、夫も帰宅し食事を終えて二階に上がり一息ついた頃にTwitterでトムさんが虹の橋を渡ったことを知った。

トムさんのお父さんに掛ける言葉も見つからないまま時間が経って行く。
今朝お別れのコメントを残して来ました。

トムさん、安らかに眠って下さいね。
もう、注射もお薬も無いからね。
お父さんを見守ってあげて下さい。
[PR]

by kobuta-kimoti | 2012-02-18 11:35 |

二足歩行する謎の生物




ワロタ…
[PR]

by kobuta-kimoti | 2011-08-03 03:15 |